03-6690-6636

会社概要

経営理念Management philosophy

少子化問題に対して
「雇用」という手法を用いて、社会貢献します

少子化が問題視されている現代において、労働力がどんどん減少しています。
労働力が減少するという事は、産業活動の担い手が減少し日本の経済成長が鈍って行く事を意味することになります。そんな中で次代を担う若年層は企業にとっても、社会にとっても非常に重要な人材であり、次代を任せる人材を見つける事が命題であると思います。

次代を担う層を育成し、大きく成長してもらうには、女性が安心して働く環境を整える事も非常に重要な事ではないでしょうか。その為には保育士を適正数確保し安心してお子様を預け、働く事ができる環境も必要となります。
そのためラックは働く女性や、働く女性をサポートする保育士さんに視点を向けたサービスを展開します。

転職を考える人には色々な理由があると思いますが、転職をするにあたり不安な気持ちを抱く事はほぼ全員に共通する事です。どんな仕事が世の中に存在するのか。どんな仕事が自分に合っているのか。どうすれば自身の求める企業に出会えるのか。ラックでは求職者様から徹底的にヒアリングを行い、求職者様が求めるお仕事をその求職者様の為だけに探すオーダーメイド型の転職支援を行います。

求職者様が本当にやりたい仕事、本当にやりたい条件でなければ紹介はしません。そこまで徹底的に探して就いた仕事であれば、定着率も高くなり、その会社にとって非常に有益な人材となり、次代を担う存在となると思います。
ラックは「オーダーメイド型転職支援」を展開する事で、求職者様と求人企業様にwin-winの関係を創り、社会貢献をしていきたいと考えています。

代表挨拶message from the president

代表挨拶

  • 早稲田大学卒業後、GEインターナショナルインク入社。
  • 財務アナリスト、業務改善を担当し、英国・米国・ハンガリーでの勤務を経て帰国。
  • UBS証券会社ではプライベートエクイティ業務に従事し、投資分析を担当。
  • MTVジャパンでは事業開発部長として金融機関との協同事業や映画出資を行う新規事業を立ち上げる。
  • 2006年、幸いに年子の子どもを授かったものの、子育てに対する社会インフラへの悩みを痛感し、
    ル・アンジェ株式会社の創業に参画。
  • 2006年8月よりル・アンジェ株式会社代表取締役。
  • また、自身が感謝している転職経験を伝えていきたいと思い人材紹介会社を設立。
  • 2017年1月よりラック株式会社代表取締役。
  • 1男3女の父

26歳のとき、初めて転職しました。しかし、転職前の仕事に大きな不満はなく、むしろ、充実していました。
転職は、ふとしたことが、きっかけでした。

私は新卒で米国企業に就職しました。当時、その会社は大学生の新卒採用を始めたばかりであり、入社して見ると、周囲には年上の転職者ばかりで、一番年齢の近い上司は12歳年上でした。

職種採用のため、同じ会社には同期はいませんでしたが、他のグループ企業には、同じ職種の同期が他に5人いました。うち4人が社会人経験者、1人は大学院卒という仲間に恵まれ、キャリアをスタートしました。

転職経験のある方に囲まれ、逆に一つの会社で長く勤めている上司や先輩が、ほとんどいない環境で仕事をしていました。他の会社の良い所を教えてもらうことが多かったですが、当時の私には、転職の考えは全く浮かびませんでした。

その会社を選んだ理由は、私には30歳で起業する目標に向け、まずは海外を飛び回る仕事をしたい、という思いがあったからです。こうした思いを抱くきっかけは、学生時代に1年間過ごしたサンフランシスコでの留学にあります。
当時もシリコンバレーは賑やかでした。偶然、友人がシリコンバレーのIT企業に勤めており、金曜日の午後から週末には、友人の勤務先へ遊びに行っていました。

夜でも比較的治安の良い雰囲気、また、私のように英語の未熟な留学生も快く歓迎してくれる雰囲気がとても心地よく、快適でした。

米国企業に関心を持ち、しばらく後に、平日は学業と平行し、米国企業でインターンシップをしました。そして経験よりも熱意を尊重し、仕事を与えてくれる米国の企業文化に、ますます引き込まれました。

さて、就職してから1年半後、社内試験に合格し、米国本社への転勤が決まりました。このときは、日本から9名が行きましたが、そのうち7名は他社からの転職者でした。私の周りは常に転職者ばかりだったような気がします。

転職者は日本の大手企業から来ており、辞めてキャリアチェンジをする意気込みに、
自分にはできない行動だと思い、むしろ尊敬を抱いていました。

米国本社での仕事は充実していました。当時、日本経済は不況でしたが、アメリカはITブームで勢いがありました。
世界各国で企業買収をしており、各国の事業部を訪れ、現地の方々と仕事をする機会にも恵まれ、まさに、学生時代の希望の仕事でした。

ただし、唯一の悩みがありました。
それは、将来の目標としていた起業に沿ったキャリアを積めているのか、
という不安でした。あまりに仕事が順調で、このままでは、
起業はしないのでは、という、順調であればこそ、変な不安が生じてしまったのです。

日本に帰国する機会があり、転職相談というよりも、むしろキャリア相談として、友人や人材紹介会社と話をするようになりました。

外資系企業の日本進出の手伝いや学生時代には想像もしていなかった企業の求人が話に上ることもありましたが、当時勤務していた会社ほどの魅力はありませんでした。

そこで、転職面接というよりも、むしろ情報交換の場として考え、何社か訪問しました。今は珍しくないかもしれませんが、スーツではなく、普段着で行き、驚かれたものでした。

米国へ戻る日が近づいてきた頃、友人と話をしていて、たまたま、金融機関の仕事が心に響きました。

金融機関に就職しようと考えたこともありませんでしたが、起業に伴う資金調達の大切さを思うようになり、将来への必要な経験の一つとして、
是非この仕事に就きたいと思い始めました。

友人の紹介から面接の機会を得ることができ、
東京、香港、東京、と3回の面接を終え、転職に成功しました。

振り返ると、このときに転職をして良かったと思います。
ただ、この転職が成功したのも、相談に乗ってくれた友人や紹介会社のお陰だと思います。

何が自分の心に響くのか、その時々で変わると思います。
悩んでいる本人のことを、周りからは、優柔不断に見えるときもあるかもしれませんが、仕事を真剣に考えていれば、考えが多岐にわたり、変わることも当然ではないでしょうか。

その時々で変わるからこそ、相談しやすい相手は貴重な存在です。
私はその貴重な存在が身近にいたお陰で転職に成功できたと思っています。

私は自分が今も感謝している経験を、次の方に伝えて行きたいと思います。

続きを読む

社名の由来Company name

「運≪ラック≫も実力のうち」
という言葉があります。

「私は、運がよかっただけ」と語る成功者が世の中にはいます。
ですがその人は才能もなく努力もせず、本当に運がよかっただけで成功できたのでしょうか。
そんなはずがありません。
運≪ラック≫という言葉は深くまで掘れば、努力している人にのみやってくるチャンスという意味もあると思います。
そんな努力をする人の支えでありたい。またそんな企業でありたい。
といった意味が≪ラック≫には込められています。

会社概要Company information

会社名
ラック株式会社
所在地
〒150-0036
東京都渋谷区南平台町1番10号
いちご南平台ビル6F
TEL
03-6690-6636
FAX
03-4243-3630
設 立
2017年1月11日
資本金
500万円
代 表
野口 正太郎
取引銀行
三井住友銀行渋谷駅前支店
事業内容
有料職業紹介事業(13-ユー308570)
転職アドバイザー
関連会社
ル・アンジェ株式会社公式サイト

アクセスマップAccess Map

転職支援を申し込む

求人情報CHECK

転職支援を申し込む

求人情報CHECK

転職支援を申し込む

ページ上部へ