03-6690-6636

転職のきっかけは?実例8つ 1~3

2017.1.10転職のきっかけは?実例8つ 1~3

こんにちは。
本日は転職のきっかけについてお話したいと思います。
一昔前では終身雇用制度も確立しており、転職を経験したことのない人も多くいました。そんな時代背景だと転職をすること自体があまり良い印象を与えない部分もあったでしょうね。
海外の転職の感覚は皆さんご存知でしょうか。

 

「今いる会社に3年以上いるべきでない4つの理由」こんなタイトルの記事がありました。

 

4つの理由とは・・・
1.給与が停滞しない
2.より早く昇進できる
3.より大きなつながりを構築できる
4.本当にやりたい仕事がみつかる
ジョブホッピング(転職を繰り返す事)という言葉が生まれるくらいに、海外では転職することに前向きです。
話を日本に戻し、終身雇用制度や終身雇用制度が崩壊し、以前に比べると日本においても転職をすることがメジャーになってきています。ただし、やはり日本においてのジョブホッパーは否定的なイメージが付きまといます。雇用をする企業からすると、腰をすえて働いてくれないと感じるからです。確かに3年で辞めると思っている人に、研修をしたりお金を投資することはもったいないと感じてしまいますね。
その為、日本の感覚では「転職の失敗」は絶対に避けなければならない事であり、転職を考えているけれど中々実行に移せない「転職潜在層」は多くいます。
ここでタイトルの「転職のきっかけ」になります。

 

1.職場の人間関係
職場の人間関係に悩んでいる人は多いものです。
仕事に対しては特に不満もなく、やりがいを感じていても、一緒に仕事をする人との人間関係が上手くいかずに悩み、仕事に行きたくないと思ってしまう。
仕事での成果が認められたり、将来が期待されるような能力や実績がある人でも、上司との関係が上手くいかずに退職したくなる。ひどい場合は、職場のいじめや嫌がらせに悩む事もあります。
仕事はできるのに、仕事は楽しいのに、人間関係で辞めてしまうのはもったいない。周りの人はそう感じるでしょう。しかし、本人にとっては精神的に苦痛であり、大きなストレスになっています。
職場の人間関係というものは立派な退職理由と言えますし、人間関係を理由に転職を決意するのも、正しい判断だと言えるでしょう。

 

 

2給料が少ない
人によって仕事の目的は違いますが、給料、つまり仕事の対価は、仕事の目的や仕事のやりがいに大きく影響するものです。
いくら頑張って仕事をして成果が認められても、いくら仕事の達成感を感じられても、給料が少ないと、モチベーションを維持できないものです。もちろん、お金だけではない魅力がある場合は別です。
現実的に生活できない。子供の養育費や学費でお金が必要になる。いろいろな事情で借金を抱えてしまった。そのようなケースもあるでしょう。その場合は職種自体を変える必要があるかもしれません。
もっと給料の高い仕事をしたい、もっと仕事を認められたい、そう考えることは前向きな事でもあります。もし、そのような転職ができるのであれば、それも良い決断かもしれません。

 

 

3忙しすぎる・休みが少ない
経済の先行きが不透明な時代ですから、仕事が沢山あるという事は有難い事です。残業代が支払われないブラック企業は別として、仕事が忙しく残業が増えればそれだけ収入も増えます。
連日、深夜まで残業が続く。少人数の職場で自分がやらなければ仕事が完成しない、仕事のノルマに追われている、など、常に仕事のプレッシャーがかかる状態が続くと、精神的に耐えられなくなる時が来ます。
何よりも、仕事が原因で体調を壊したり、鬱病など精神的にダメージを受けるなど、場合によっては取り返しがつかない事態に陥る事もあります。
人生は一度しかありません。その仕事には、人生の大切な時間を捧げるだけの価値があるかどうか。そこで迷いが生じたら、転職を考えるきっかけになるのかもしれません。

 

 

本日はここまでにします。

カテゴリー:

保育士特化の転職支援サイト
「保育の転職」

ラック株式会社
〒150-0036
東京都渋谷区南平台町1番10号 いちご南平台ビル6F
TEL 03-6690-6636
FAX 03-4243-3630

転職支援を申し込む

求人情報CHECK

転職支援を申し込む

求人情報CHECK

転職支援を申し込む

ページ上部へ